子育てコラム

食物アレルギーを起こす食べ物にはどんなものがありますか?

 食物アレルギーの原因となる代表的な食品には、鶏卵、牛乳、小麦粉があります。これらの食物中のたんぱく質は複雑な構造を持つため、乳児期の未発達な腸では処理ができず、異物であると認識されます。そのため、消化機能に合わせた離乳食の進め方が大切です。
 
 ビタミン類や葉酸が含まれる色の濃い野菜類を食べることで腸の粘膜が丈夫になります。たんぱく質食品は骨や筋肉などをつくる大切な栄養源です。あまり慎重になりすぎず、まずは少量ずつ体験していきましょう。アレルギーが心配ならば、自己判断せず、医師に相談してみましょう。
 
(2018.9.10 健康推進課)

一覧へ戻る

ページトップ